理想のマイホームのための工務店選び

マイホームの土台は綿密な話し合いで形成される

まずはお金の話を

お金のかかる家づくりを一任する工務店ですから、お金の話をしっかりとしましょう。
ここが明朗な工務店は優良工務店ですし、逆にはぐらかされたりする場合には、いまいち信頼が置けませんよね。
疑問に思った点は納得のいくまで質問しましょう。

見積金額を出してもらった際には、建築材料の単価や数量についてチェックするべきです。
もし、一式とだけ書かれていたり、割増されていたりする悪徳なケースも存在するようですので、注意しましょう。
また、商品の品番を書かずに、実際には廉価版のものを使用し請求金額に上乗せするケースもあります。

見積もりについて交渉は推奨されていませんが、これは、値引きするという代わりに材木等の建築材料に安く品質の悪いものを使われるリスクを負うためです。
基本的には工務店に見積もりを任せ、安くしてもらう目的でなく、諸経費等で自分の知らない目的のものが上乗せされていないかを確認しましょう。

工務店のコダワリを見つける

ホームページを見ることで、その工務店が考えていることがわかります。
ある工務店は素材と工法に。
またある工務店は耐震性に。
工務店によってアピールポイントは異なりますが、ここについては、工務店との話し合いの場で、お金の問題の次に質問するべきです。

工務店には得意・不得意があります。
ホームページやカタログでは、どうしてもそれが分かりづらいもの。
そのため、積極的に質問し、工務店側のアクションを伺ってみましょう。
施工事例を見せてもらったり、材木のサンプルを見せてもらったり、テキストの情報だけでは把握しきれないことが多く分かることにつながります。
多く手がけている事例、建築材料の品質、キッチンなどの内装、工務店が明かしてくれるそれこそが、得意分野であり、コダワリです。


この記事をシェアする