理想のマイホームのための工務店選び

工務店のココを見よ!

大工さんは常雇用か

優良工務店かどうかを確認する簡単な方法として、大工さんを抱えているかどうかを確認することが挙げられます。
大工さんを外注している工務店では、家づくりの仕上がりが施工事例によってまちまちとなります。
常雇用されている大工さんがいる工務店では、家を建てた後のフォローアップとして、同じ職人がメンテナンスにきてくれます。
家を建てた人と同じ人が来てくれるということは、建材等の特性を把握してメンテナンスを行ってくれるということとなり、そういう意味で大工さんを常雇用している工務店は優良工務店である可能性が高いです。

また、大工さんを外注していた場合に、思うとおりの施工にならないリスクを負います。
工務店の性格が叩き込まれた大工さんが手掛ける家は、細かな施工ミスや仕上がりの不完全さがあったとしても、竣工後の不具合を責任をもって手直ししてくれます。
以上が、大工さんを常雇用している工務店をオススメする理由です。

新築の現場はきちんとしているか

優良工務店かを一目で判断するもう一つの事項は、実際の建設現場を見ることです。
そのためにも、建てる家の近くの工務店を選ぶ必要がありますね。

現場へ行けば、建設中、建築材料が乱雑に扱われていないか、建築の際の音以外の騒音(ラジオ等)による騒音を出していないか、ゴミをあちこちに捨てていたりしないか、働いている大工さんがあいさつするか。
それらの情報がライブで分かるわけです。
大工さんが常雇用されている場合、こうしたところに人間性が出ますから、普段の現場の状況は非常に重要な情報です。

自分の家が建つ予定の現場が、忙しい建築作業の合間にも関わらず整理整頓されていて、横を通った際にもきれいで、大工さんが朗らかであると、期待も膨らみます。
優良工務店かどうかを判断する材料として、現場の状況も要チェックです。


この記事をシェアする